養殖サンゴ植付事業 養殖サンゴ植付事業

沖縄の美しい海を守りたい

ブセナ海中公園養殖サンゴ植付事業

1.「ブセナ海中公園」のサンゴは今…

ブセナ海中公園の位置する沖縄本島西海岸エリアは沖縄国定海岸公園に指定されています。その中でも特に海中景観の素晴らしさが認められ「海域公園地区」という特別区に指定されています。

ブセナ海中公園は1970年8月の開業以来、「沖縄の最も重要な観光資源である海の魅力を沖縄県民並びに国内外の観光客に伝え、またサンゴ礁をはじめとする自然環境の保全に努める」をキャッチフレーズとして、多くのお客様にご利用していただきました。

成長記録 特集サイトを見る
サンゴ写真2020.10撮影

しかし、1980年代に発生したオニヒトデによる食害、地球温暖化に伴う海水温の上昇、河川からの赤土流入などにより、沖縄のサンゴ礁は壊滅的な被害を受けました。

ブセナ海中公園の海中展望塔やグラスボートから観察できるサンゴ類も減少しています。
サンゴ礁は沖縄の海で非常に重要な役割を担っています。 サンゴ礁に依存して生きている生物達は、サンゴが消滅すると消えてしまいます。魚類、貝類、甲殻類など、生物多様性に富んだ生態系の中心にいるのがサンゴです。

サンゴ写真2021.07撮影

ブセナ海中公園の周辺海域では、ここ10年ほどの間にサンゴが復活しつつあります。
潮通しの良い海域では、以前のような健康状態の良いサンゴの群落があり、サンゴに依存する他の生物も観察できます。

しかし、少し離れた場所では荒涼とした何もない海底が広がっており、サンゴが生息していない場所では他の生物もあまり見られません。

サンゴが密生している場所
サンゴが密生している場所 2020.10撮影

サンゴが密生している場所では、その他の生物も多い。
沖縄の海の特徴である美しい海中景観や生物多様性の中心となっているのがサンゴである。

サンゴが生息していない場所
サンゴが生息していない場所 2020.10撮影

サンゴが生息していない場所では、生物相が貧弱となる。
サンゴは生態系のベースとなっている他にも、台風時に高波の力を弱める防波堤としての役割、骨格が細かくなり美しい砂浜を形成する役割がある。
また沖縄観光の最大の魅力の1つでもある。

2.養殖サンゴ植付計画の策定

2020年はブセナ海中公園が開業して50周年となる節目の年でした。 OCVBが実施するSDGs活動の一環として、また開業50周年記念事業として、ブセナ海中公園では「養殖サンゴ植付計画」を策定し、サンゴ保全活動に取り組んでいるNPO法人コーラル沖縄を共同事業者として、本格的なサンゴ植付を実施することを決定しました。

ブセナ海中公園は一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(以下「OCVB」と表記)が管理・運営を行う観光施設です。
OCVBは 2021年2月1日、沖縄県の「おきなわSDGsパートナー」として登録されました。 沖縄県へ提出したSDGs計画書の中では、ブセナ海中公園の自然環境の保全についても力を入れることを明記しています。
OCVBがおきなわSDGsパートナーに登録されました。

  • 一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー
  • SDGs ロゴ
沖縄観光コンベンションビューロー ブセナ海中公園事業所は、
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

memo

現在、様々な団体がサンゴの植付や移植活動を実施していますが、サンゴ植付には確立された手法や技術がありません。サンゴ植付後にはモニタリング調査を実施しますが、生存率が0%という失敗事例も多数あります。
一方、沖縄では20年以上前に移植されたサンゴが成長し繁殖活動が確認されている事例もあります。ブセナ海中公園の養殖サンゴ植付計画では、過去の事例を参考にしながら、植付の手法、場所の選定、植え付けるサンゴの種類などを決定しました。
また「沖縄県 サンゴ移植マニュアル」及び「日本サンゴ礁学会 造礁サンゴの移植に関してのガイドライン」に沿った植付計画としています。

サンゴ植付の許認可

ブセナ海中公園は自然公園法で「海域公園地区」に指定されており、サンゴ植付を実施する際には県知事許可が必要になります。海域公園地区における開発行為は厳しく制限されており、調査・研究などの学術的目的、災害復旧や公益上必要であると認められた行為だけが許可されます。
海域公園地区マップ

沖縄海岸国定公園 海域公園地区

海域公園地区の範囲は、名護市字喜瀬及び恩納村字名嘉真地先海面で、部瀬名崎北端から北西300mの地点と名嘉真崎北西端から北西200mの地点を結ぶ海域となっています。
沖縄海岸国定公園 海域公園地区について

サンゴ植付を実施する際、単にサンゴを海底に置くだけではサンゴがうまく定着しません。サンゴを海底に固定する必要がありますが、そのために針金を使ったり、基盤ごとサンゴを接着剤で固定したりします。
自然公園法では、針金や基盤などが人工物と見なされるため「海域公園地区における人工物の設置」という観点で沖縄県への申請が必要となります。
ブセナ海中公園を含む海域公園地区では、これまでにサンゴの移植や植付を目的とした人工物設置の許認可を出した事例がありませんでした。窓口である沖縄県自然保護課と調整を重ねて、2021年2月に許可を得ることができました。

植付場所の選定

サンゴは非常にデリケートな生物であるため、環境が合わない場所ではうまく生育できません。 植付場所の選定では、水深、水質、水温、潮の流れ、海底の状態、他の生物による食害の有無など、様々な視点から検討する必要があります。

また、将来的にブセナ海中公園の利用者が植付サンゴを観察できるよう、アクセスがしやすい場所であることも条件の一つとなります。
複数の条件を兼ね備えた場所として、グラスボートの発着場所から近い場所でサンゴ植付を実施することを決定しました。

植付場所選定マップ
下記の条件を満たす場所を選定
  • 水深3m程度、突堤から近いため植付作業やモニタリング調査が容易である。

  • 海底の地形がほぼフラットで岩盤質でありサンゴ植付に理想的である。

  • 近くに良好な状態のサンゴ礁があり、サンゴが生育できる環境が整っている。

  • 潮通しが良く、夏場の高水温時でも白化現象が発生する可能性が低い。

  • サンゴ食害生物であるオニヒトデ、レイシガイダマシ類、ブダイ等が少ない。

ドナー「親サンゴ」入手経路、植付サンゴの種類

親サンゴ

沖縄県の漁業調整規則では、造礁サンゴの採捕が禁じられており、違法に採捕したサンゴの所持や販売も禁止されています。サンゴの移植や植付では、合法的に養殖して増やしたサンゴを使うことが求められます。
沖縄県内でサンゴを養殖している施設は複数ありますが、サンゴ保全活動で大きな実績を残しているさんご畑から二種類のサンゴを分けて頂きました。

さんご畑は、最大30万株のサンゴを育てることができる日本最大のサンゴ養殖施設で、沖縄県の特別採捕許可により採捕されたサンゴを増やしてサンゴ移植活動を実施している施設です。

下記の条件を満たすサンゴの種類を選定
  • ドナー(親サンゴ)の入手が容易であり一般的な種類のサンゴであること。

  • 遺伝的に近いサンゴであること(ルーツが沖縄本島西海岸であること)

  • 信頼できる養殖場で増やしたサンゴであること。

  • 過去に移植や植付が行われた実績があり、ブセナ海中公園でのサンゴ植付後に生存する可能性が高い種であること

  • シコロサンゴ
    シコロサンゴPavona decussata
    エダサンゴと異なり大きくて厚い葉状片が板を組み合わせたように垂直に生育するため、物理的な障害(大波など)に強い。生物が少ない環境下において、最も早く侵入する先駆種であり、同種が定着することにより他の種類のサンゴを呼び込む効果が期待できる。
    種苗の育成方法が確立されており、沖縄県内での植付事例が豊富である。夏場の高水温に最も強い種の1つとされている。
  • エダコモンサンゴ
    エダコモンサンゴMotipora digitata
    ブセナ海中公園に生息しているサンゴであり、植付後に高い生存率が期待できる。
    枝が垂直に伸びる傾向が強く、砂などをかぶりにくい。沖縄県内でドナー(親サンゴ)が入手でき、種苗の育成方法が確立されており移植事例も豊富である。
    比較的高水温に強い種類の1つである。

memo

サンゴ礁学会のサンゴ移植ガイドランでは「サンゴ礁生態系の遺伝的攪乱に最大限注意すること」としています。
その地域に生息していないサンゴを持ち込んだり、生息している種でも遠隔地から搬入してサンゴ群集の遺伝子を攪乱させないような配慮が必要です。

3.サンゴ苗の育成

サンゴ苗の育成

沖縄県内でサンゴ苗を育成可能な施設は複数ありますが、サンゴ苗の育成は宜野湾マリン支援センター(通称:まりりん)で行います。同施設では宜野湾市、宜野湾市観光振興協会、漁業協同組合、地域マリン事業者などと密着したサンゴ保全活動を展開しています。

宜野湾マリン支援センターには1t水槽が4基あり、近隣の海域から海水を組み上げる取水システムを備えています。自然環境に近い海水でサンゴ苗を育てることが可能です。

サンゴ育成レポート

第1期の作業(2021年3月21日)は、まりりん近隣の住民や子供達にも参加してもらい、二種類のサンゴ約50本をサンゴ苗として準備しました。

サンゴの苗作り・育成ドナー(親サンゴ)からサンゴを株分け(苗作り)する作業は、以下のような工程となります。
サンゴ苗作り

数cm片に株分けしたサンゴを琉球石灰岩プレート(基盤)に乗せて、天然ゴムで固定します。この状態で2~3ヶ月ほど水槽で飼育すると、皮膜が形成されてサンゴが基盤に活着します。

  • サンゴ苗作り写真1
  • サンゴ苗作り写真2

固定作業では、サンゴへのダメージを最小限におさえるため、水中で手早く作業を行います。 また、天然ゴムで固定する際には、サンゴの形状をよく見てどのように基盤に乗せると接着面積が大きくなるのかを考えます。

4.サンゴ植付作業

サンゴ植付用ボンド

工法

養殖サンゴ植付には様々な方法がありますが、成功事例が豊富でブセナ海中公園のサンゴ植付に適している「ボンド法」を採用しました。二種類のボンドを混ぜ合わせることにより20分ほどで硬化します。

サンゴ植付レポート

第1期のサンゴ植付作業は、2021年7月7日に行われました。海に入る前にサンゴ植付に関するブリーフィングを行います。5名でサンゴ植付作業をしました。
安全に配慮して海中で時間内に作業を終わられるよう、植付場所や作業手順の確認など入念な打ち合わせを行い作業しました。

植付作業

  • 植付作業1 海へのエントリー

    ステップ1

    ブセナ海中公園の突堤からエントリーします。沖合15mにある植付場所まで、慎重にサンゴ苗を運びます。

  • 植付作業2 サンゴ植付場所掃除

    ステップ2

    サンゴを植え付ける前に、植付場所のコケ取り作業を行います。接着面に藻類やゴミ等があると水中ボンドがうまく接着できないため、ブラシを使って植付場所の表面を綺麗にします。

  • 植付作業3 サンゴ植付ボンド工法

    ステップ3

    コケ取り作業後、海中で素早くボンドを混ぜ合わせてサンゴ苗の基盤の下側にボンドを付けます。1つのサンゴ苗に必要なボンドの量はゴルフボール大程度です。

  • 植付作業4 サンゴ植付海底接着

    ステップ4

    サンゴ苗と海底を水中ボンドで接着します。水中での作業は難しいですが、できるだけ体重をかけて圧着するようにします。うまく接着しない場合は、植付場所を微調整して新しい水中ボンドを使ってやり直します。

5.サンゴ成長記録

養殖サンゴ植付では、植え付けた後に成長や生存率などを調べるため、定期的なモニタリングを行うことが重要です。
ブセナ海中公園では、サンゴ植え付けから1週間後、1カ月後、3カ月後、6カ月後、1年後、その後は1年毎にモニタリング調査を実施することとしています。モニタリング調査の結果については、下記から参照して下さい。

  • 第1期(2021年7月~)

第1期のサンゴ植付作業(2021年7月7日)では、シコロサンゴ30個、エダコモンサンゴ20個、
合計50のサンゴ苗の植付を行いました。

6.ブセナ海中公園の目指す姿、今後の課題

ブセナ海中公園の目指す姿、今後の課題

ブセナ海中公園の50周年記念事業としてスタートした養殖サンゴ植付計画ですが、まだ活動をスタートしたばかりです。豊かなサンゴ礁と生物多様性を取り戻すには、活動を継続しつつ規模も拡大する必要があります。どのようにしてサンゴ保全活動に必要な予算を確保するのか、また近隣の事業者や研究機関などと連携しながらサンゴ植付の手法についても研究する余地があります。

ブセナ海中公園は沖縄の海洋観光の先駆けとして、50年以上に渡り沖縄の海の素晴らしさを沖縄県民と観光客の皆様にお伝えしてきました。引き続きその役割を果たせるよう、これからも養殖サンゴ植付計画を含めたSDGs活動を推進します。
海の豊かさを守ろう SDGs
  • ブセナ海中公園
  • 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

(一財)沖縄観光コンベンションビューロー ブセナ海中公園事業所

沖縄県名護市字喜瀬1744-1TEL.0980-52-3379FAX.0980-53-0675

Copyright © 2022 ブセナ海中公園事業所 All rights reserved.

TOPへ